シリシア

詳細はこちらをクリック

商品説明

商品名シリシア商品カテゴリその他, エイジングケア, サプリ, 美容

世界35カ国で年間200万本ベストセラー製品【シリシア】

アンチエイジング・ミネラルとして脚光を浴びるシリカ(ケイ素) 人気スーパーモデルのミランダ・カーや、 健康派美人女優キャメロン・ディアスなど、 ハリウッドセレブ達の間でも愛用者が多いシリカ入り ミネラルウォーター「フィジーウォーター」。 2011年に日本に上陸してから、 浜崎あゆみさんなど国内でも美容とおしゃれに 敏感な女性たちの間でファンがぐんぐん増えています。 その秘密は、美しい肌や髪、爪や骨に必須の”美のミネラル”として、 シリカ(ケイ素)の必要性が認知され始めている証拠です。 シリカは私たちの体内に存在する必須ミネラルです。 コラーゲンの生成に関わり、ハリのある肌や美しい髪や爪を保ち、 骨を強くして血管をしなやかに保つなどの働きがあります。 シリカが不足すると、美容面では肌のたるみやシワ、爪がもろくなる、 髪が細くなるなどの影響が出ます。 また健康面では免疫力が低下したり、 骨や血管がもろくなったり、関節が弱くなったりします。 骨密度を高める働きはカルシウム以上との研究報告もあり、 骨粗しょう症の予防効果も期待されています。 そのシリカ(ケイ素)のサプリメントとして 販売開始から50年経った現在でも世界で年間200万本売れている ベストセラーブランド製品が【シリシア】です。 日本でも、これから加速度的にシリカ(ケイ素)のブームが到来します。

★★★ 世界35カ国で年間200万本ベストセラー製品【シリシア】 ★★★

日本でも今話題のシリカ(ケイ素)のサプリメントの世界的ベストセラー

それが【シリシア】です。

自然療法の国ドイツで10年以上にわたり売り上げ実績1位を記録。

「シリシア」は、ドイツ国内だけで1日およそ10000本が販売されており、

最近では海外でもシリカの重要性が広く知られるようになり、

ヨーロッパだけでなくサプリメント先進国アメリカ、カナダなどでもたいへん人気のある製品です。

★今だけお得なプレゼントキャンペーン実施中!★

私たちの体内では20代をピークに、ケイ素を蓄える能力が徐々に低下していきます。

外見や身体の老化現象の多くにケイ素不足が関連していることが近年の研究で明らかになりつつあります。

現代食生活においてケイ素を十分に確保することは困難といわれています。

毎日わずかのシリシアを摂取することで、十分な量を無理なく補うことができます。

●多彩な働きをするミネラル「ケイ素」

自然療法が最も進んでいるドイツで最も人気のある製品がケイ素のサプリ「シリシア」です。

特に生命の起源と呼ばれるように、ケイ素は人類の進化に不可欠なミネラルとして知られており、

筋骨格を構築する際の主たる栄養素としても注目されています。

●ドイツ国民の健康の礎(いしずえ)シリカ(ケイ酸:SiO2)ってどんなミネラル?

★意外と知らないケイ素の重要性

不足すると記憶力の低下、爪の割れや変形、皮膚のたるみ、脱毛、などの危険信号が現れ、

血管の健康、現代病に対する抵抗力の低下など色々な症状をきたします。

ケイ素は皮膚に最も多く分布し、爪、毛、髪、そして骨にも比較的多く分布しています。

骨の成長維持にはケイ素が必要ですが、加齢とともに皮膚の中のケイ素含有量は減っていきます。

現代の食生活では精白穀類の主食「白米、精白パン」や加工食品の利用が多く、

ケイ素の摂取は非常に少なく、自然食品への復帰で完全栄養を期すことの重要性を示す

多くの根拠があり、ケイ素の確保もその一環となっています。)

成人1日あたり10~40mgのシリカが消耗されますが、現在、1日あたりの摂取量は定められていません。

加齢とともに減少しやすいので積極的な摂取をおすすめします。

ケイ素を多く含む食品(ワカメの茎、アサリ、コンブ、大豆、リンゴ、ゴボウなど)

自然療法の国ドイツで10年以上にわたり売り上げ実績1位を記録。

「シリシア」は、ドイツ国内だけで1日およそ10000本が販売されており、

最近では海外でもシリカの重要性が広く知られるようになり、

ヨーロッパだけでなくサプリメント先進国アメリカ、カナダなどでもたいへん人気のある製品です。

私たちの体内では20代をピークに、ケイ素を蓄える能力が徐々に低下していきます。

外見や身体の老化現象の多くにケイ素不足が関連していることが近年の研究で明らかになりつつあります。

現代食生活においてケイ素を十分に確保することは困難といわれています。

毎日わずかのシリシアを摂取することで、十分な量を無理なく補うことができます。

★今だけお得なプレゼントキャンペーン実施中!★

シリシアの詳細はこちらから>>

カテゴリー