【超話題!!】手の甲の紫外線トラブルには『ルミナピール』

詳細はこちらをクリック

商品説明

商品名【超話題!!】手の甲の紫外線トラブルには『ルミナピール』商品カテゴリクリーム、ジェル, シミ抜き, スキンケア, 美容, 美白

■ルミナピールとは?

今までなかった!手の甲のシミ用 集中ケア商品がついに登場!

顔用のピーリングは、数多く販売されていますが「手の甲のシミ」に特化した商品は今でありませんでした。

これに反応して「待ってました!」の呼び声高く、発売直後に爆発的ヒットを記録!

売れに売れすぎて一時は、入手困難で最大で3ヶ月待ちになったほどの人気商品が『ルミナピール』です。

 

■待っても使いたい人続出のその訳は?

(1) 手の甲のシミに集中特化した商品だから

「ルミナピール」は、徹底的に手の甲の研究を重ね皮膚の厚さや構造に合わせ、成分が最適に働くように開発しています。
ただのピーリングジェルではなく、手の甲のトラブルに悩む人向けに開発された商品だからこそ、実感力が違います!

(2) たっぷり保湿成分が含まれているから

「古い角質を取り除く」までの商品が多い中「ルミナピール」は、そこにプラスαのスパイス「11種類の保湿成分」を加えました!
これにより、ピーリング後の肌はプルプルもちもちッ!

だから、売れているんです。

『ルミナピール』はこちら

■ルミナピールを実際に試した方の口コミ

(50代 女性)
ルミナピールに出会えて嬉しいです。
手はその人の人生を語るなんて言いますが、まさに私の手はそうでした。
日焼け止めをこまめに塗るような性格でもなく、同年代の友人と手を比べると明らかに私の手だけ年上みたいになっていました。
このルミナピールをインターネットで見つけて私もこんな手になれたらと思いルミナピールを使い始めました。
簡単にポロポロピーリングできるのが嬉しくて、自分の手を見ると笑ってしまいそうになります。

(40代 女性)
使い続けているとやっぱり手の印象が違うんです。
手に悩みができ始めたのを見つけた時はついに私もそんな歳になったのかと思いました。
手の甲のシミがどんどん増えていく行くのではないかと不安で再発防止のためにいろいろ検討しましたが、レーザー医療などは費用が高く手が出せず、ドラッグストアの化粧品をいろいろ試しても、いまいち実感できませんでした。
はじめはルミナピールも半ばあきらめモードで試しに使い始めましたが、使い始めてすぐに手がなんだかワントーン明るくなったように感じました。
使い続けているとやっぱり手の印象が違うんです。
周りにもキレイ手体だねと言われるようになって、もう手放せなくなりました。ありがとうございます。

(30代 女性)
使うたびにすごくテンションが上がっています。
いつの間にか手に悩みができるようになってUV対策用の化粧品やクリームを塗っても結局どうしようもなくて悩んでいました。
おばさんぽくて嫌だなと落ち込んでいた時にルミナピールと出会いました。
最初はこれできれいになるのかなと半信半疑でしたが使うたびにすごくテンションが上がっています。これからもずっと使い続けます。

 

■ルミナピールの使い方は?

1日1回、片手ずつご使用ください。
(入浴後の肌が温かく、やわらかい状態に使用すると、美容成分が浸透※しやすく、おすすめです)

1.手を清潔にし、水気をふきとった状態にします。

2.適量を手の甲にとり、気になる部分を中心に円を描くように手の甲から指先まで、全体をやさしく指でこすりながらマッサージします。

3.ジェルが古い角質を巻き込んでポロポロと出はじめたら、30秒~1分ほどマッサージを続けます。

ポロポロがあまり出ないときもありますが、それは古い角質がたまっていない健康な状態と考えられます。
そのような場合、無理に強くこすることは控えていただき、
肌への負担にならないよう、やさしくマッサージをしてください。

4.ポロポロを払ってから、さらに1分間置いて成分を浸透※させます。
このとき、反対の手のひらで気になる部分を中心に押さえ、成分の浸透を高めます。

5.水またはぬるま湯で洗い流します。

6.反対の手の甲も同様に、1~5を行います。

7.ご使用後は、ハンドクリーム等で保湿してください。

 

■ルミナピールをお試しするなら今

「なんだか良さそうな商品だけど、もし使っても自分には効果がないかもしれないし・・・」

そう思っているあなたのために、もし使ってみて効果が実感できなければ商品を全部使った後でも、今なら全額返金保証付でお試しできるんです。

発売直後に注文殺到の『ルミナピール』を全額返金保証付きでお試しできるチャンスです。この機会にぜひお試ししてみてはいかがですか?


【超話題!!】手の甲の紫外線トラブルには『ルミナピール』の詳細はこちらから>>

カテゴリー